使い勝手の良いiPhone7カバー

心機一転、携帯を最新のiPhone7にしたら、カバーもそれに合わせて新調したくなります。いまや量販店に足を運ぶと、iPhone7カバーは実に多種多様なラインナップで、素敵な製品から、人を引き付け時にちょっと奇抜かなと思うような個性的なカバーも見受けられます。実際に購入を考えた場合、カバーは本体をほぼ覆い、携帯本体のデザインそのものになってしまうので、カバー選びも後悔のないように慎重に行いたいものです。ここでは数あるカバーの中から、使い勝手の良いという使用性に着目して、カバーを選択する際の参考事例や目安となっていただければ、幸いです。また携帯のヘビーユーザさんにも一つの参考となるかと思います。ヘビーユーザさんもお付き合いいただければ幸いです。

タイプは多種多様でまずは実物を見て検討がよいです。

一言にカバーと申しましても、一冊の書籍のように携帯をカバーから見開いて使用するブック型から、携帯ボディーの背面を覆う硬化プラスチックのカバーもあります。ブック型はカードケースなどもついていますので、最近はSUICAなどの交通系カードをブック型のケースに入れ、iPhone7カバーを改札にかざして使う場面もよく目にします。iPhone7カバーも単に携帯を保護するためだけの目的ではなく、通勤、通学の一つのツールとしての運用もされているとこも最近の大きな特徴です。ブックタイプは通話する際にカバーを開かないといけない手間がありますが、携帯を傷から保護する保護性に優れ、また交通系カードやクレジットカードのカードフォルダとしての用途も可能であり、様々なメリットがあります。

実際に決定する際は自分の用途検討が必要です。

iPhone7カバーはカバー一つで携帯電話の質感を大きく変え、普段の操作性、使用性以外の点でも携帯を大きく変える製品とも言えます。ブック型や単に背面にかぶせるカバーもありますが、それぞれの製品にそれぞれの特徴があり、まずはご自分の用途やこだわりを振り返ることも必要です。たとえば多少傷がつこうが一向に気にしないユーザーは、あえてカバーを付けずにiPhone7そのもののデザインをハンドキャリーすることに所有者としての喜びを感じています。また一方で、おしゃれなブックタイプを使うことで、携帯の質感を更に向上させ、所有することで一つのステータスシンボルをアピールするユーザーも存在します。カバーは多種多様だからこそ、自分の用途検討を行い、自分のライフスタイルにもマッチするカバーを選択したいところです。